ダウナー系プログラマ、毒田kの怠惰な日常の雑記。ジャンルはパンティーから核兵器まで何でもござれ。カオス空間でサーセンwwwww コメ、トラバ大歓迎。
あわせて読みたい

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中です。押してもらえるとありがたいです(^^) FC2 Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ人気blogランキングへ

うわあああ、トモハル、もう八方ふさがりじゃないか。ところでラヴ分は?ラブ分はぁ?やSFっぽいのも面白いんだけど、それならもっと徹底的につっこんで欲しいです^^;

久しぶりのラノベの感想です。本サイトでは3巻までしか感想を書いてませんでしたが、なんだかんだでずっと追いかけいた作品です。

操緒、嵩月だけでは止まらず、玲子、杏までも‥樋口‥くやしいのうwwwくやしいのうwww

そして物語は後半いっきにシリアス展開へ。

というわけで単なるハーレムものかと思って読んでいたらいつの間にか膜宇宙とか多世界ネタに片足突っ込んでた、何を言っているのかわからねーとおも(ry

絶対的な力を持つと思われていたアスラ・マキーナや悪魔の存在もやはり何らかの対価を支払うわけで、そこら辺と世界の関わりとかが少し明らかになりました。あと奏と操緒の名前の由来とか全く気づいてなかったよ、全体の謎と絡めるとおもろいねー。

ただこのままいわゆる世界系として突っ走ってゆくのか、それともあくまで恋愛ものとしてのスタンスは崩さないのか。本巻の最後のほう読むと前者っぽいんだけど。(ようは恋愛どころの騒ぎじゃ無くなってきてるっぽい)いずれにしても中途半端にしちゃうと1番駄目かなぁとか思うケド。

非在化。いやーこの設定はかなりつらいな。力に対するペナルティとしてはわかるけど、その動力源が切なすぎる。それはラストの加賀篝が体現している。トモハルはどのような選択をするのか、それとも救済措置はあるのか。

とにかく待て!次巻!!!


アスラクライン 8 (8) (電撃文庫 み 3-23)
三雲 岳斗

アスラクライン 8 (8) (電撃文庫 み 3-23)
とらドラ 5 (5) (電撃文庫 た 20-8) アスラクライン 7 (7) (電撃文庫 み 3-22) 灼眼のシャナ 15 (15) (電撃文庫 た 14-20) れでぃ×ばと! 4 (4) (電撃文庫 こ 8-10) 小さな国の救世主 5 オツカレ賢者の巻 (5) (電撃文庫 た 12-17)
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学


ランキング参加中です。押してもらえるとありがたいです(^^) FC2 Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dokutak.blog12.fc2.com/tb.php/344-53e78996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。