ダウナー系プログラマ、毒田kの怠惰な日常の雑記。ジャンルはパンティーから核兵器まで何でもござれ。カオス空間でサーセンwwwww コメ、トラバ大歓迎。
あわせて読みたい

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中です。押してもらえるとありがたいです(^^) FC2 Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ人気blogランキングへ
4840230374リリアとトレイズ (2)
時雨沢 恵一

メディアワークス 2005-05
売り上げランキング : 6,027
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

予告どおり早速リリアとトレイズⅡを読みました。
事件のほうは結構あっさり解決してしまい、ちょっと
拍子抜け。や、空中戦の件は結構迫力があって楽しめた
けどね。で、1点とても気になったのですがネタバレを
含みますので以下反転で

物語の終盤でヴィルとトレイズが深夜、事件の真相につ
いて語るシーンがあるのですが、そこでヴィルはいかな
軍の命令とはいえとてつもない汚れ仕事をやったことを
示唆する台詞があります。まだヴィルがやったとは限り
ませんが。アリソンの時のヴィルからはあまり想像がつ
かない。こういった要素を入れた意味はあるのでしょう
か?これは次巻以降への伏線なのでしょうか?うーむわ
からん。

あ、それから収録された短編は非常に良かったです。特
に「遺書」のほう。正直、僕の中では最後に結局アリソン
がおいしいとこをもってったような。
アリソンかわいいよアリソン。
リリアとトレイズの恋愛も進展はあったみたいだけどこれ
は次巻以降に持ち越しかな。
あと、毎回あとがきに色々と趣向が凝らされてます。
今回もちょっとびっくりしたよあれ、まだこんなにページ数
がある!みたいな(^^;

んだば総評みたいなのを、
色々言いたいことはあるけど何だかんだで楽しめる佳作って
感じかなぁ。前作のアリソンが良すぎたのでどうしても比べて
しまうんですよね。でもこれはかなり高水準での話なので
差っ引くと良書なのかも。(^^
次巻でたらもち買います。(^^
スポンサーサイト

ランキング参加中です。押してもらえるとありがたいです(^^) FC2 Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dokutak.blog12.fc2.com/tb.php/37-99c1ba4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。